検索広告からアクセスされたお客様は、次回また検索しても当キャンペーンサイトにたどり着けない場合があります。

×

検索広告からアクセスされたお客様は、次回検索しても当キャンペーンサイトにたどり着けない場合があります。

次世代型ウェブ接客ツール コンバージョンあがるくん

コンバージョンあがるくん
03-4346-0698

WEBフォームから24時間受付中!

C-bot(チャットボット)
チャットボット機能について

C-bot のご紹介

サイト上に設置したチャット機能を使い、サイト訪問顧客と自動または有人でメッセージのやり取りを行うものです。 導入すると、問い合わせ件数の増加や顧客満足度の向上につながることが実証されており、アメリカでは上場企業の半数以上が導入していると言われています。 実際に、海外ではECサイトだけでなく企業のWebサイトにチャットツールを導入することが一般的になり、日本でも導入するサイトが急激に増えています。

こういう方におすすめ!

獲得数・CV数を最大化!

C-bot(チャットボット)は、使いなれたチャット形式の入力方法なので気軽に資料請求などができるようになり、心理的負荷が低減されコンバージョン率があがり、顧客獲得機会を最大化できます。サイト訪問者は、知りたい情報をチャットですぐに匿名で質問できるようになりました。お問い合わせフォームに比べて心理的なハードルが大きく下がり、顧客接点を生みやすくなりました。

獲得数・CV数を最大化!

C-bot(チャットボット)は、使いなれたチャット形式の入力方法なので気軽に資料請求などができるようになり、心理的負荷が低減されコンバージョン率があがり、顧客獲得機会を最大化できます。サイト訪問者は、知りたい情報をチャットですぐに匿名で質問できるようになりました。お問い合わせフォームに比べて心理的なハードルが大きく下がり、顧客接点を生みやすくなりました。

» 詳しくはこちら
WEBサイト価値を最大化する3つのつのtuno理由

主な機能


自動受付
(オートメッセージ)

資料請求や会員登録(入会)など各種申込をチャットボットで自動受付することが可能です。
※購入率やコンバージョン率向上に大きく貢献

選択式メッセージ送信
(ラジオボタン形式)

質問などを択一式にすることが可能です。 サイト訪問者はワンクリックで回答できるので、入力の手間が省けます。

リード習得数CV数アップ

フォームの代わりにチャットボットを活用でリード習得数やCV数をアップ!

ご利用までの流れ

ご利用までの流れ

C-bot導入事例

業種:自動車教習所

導入前 自社WEBサイトを運営、広告費もかけていたがCVRが低く自社サイトを出すメリットを感じていなかった。
導入のきっかけ 自動車教習所=大半のユーザーが若年層=WEBサイト閲覧はほぼスマホからとなります。フォームからの問い合わせは入力が手間なためサイトからの離脱が多い。また、若年層は電話を掛けるということへの抵抗が強くCVがあがらない。LINEの普及によりチャットボット(チャット)への抵抗が低くニーズがはまった。
導入後 WEBサイト訪問者に対して3.2%のお客様が実際にチャットボットを触ってくださり、そのうち5名に1名がCVへとつながっており、間違いなく潜在顧客の獲得に寄与しています。