検索広告からアクセスされたお客様は、次回また検索しても当キャンペーンサイトにたどり着けない場合があります。

×

検索広告からアクセスされたお客様は、次回検索しても当キャンペーンサイトにたどり着けない場合があります。

次世代型ウェブ接客ツール コンバージョンあがるくん

コンバージョンあがるくん
03-4346-0698

WEBフォームから24時間受付中!

I-bot(IVR)
あふれ呼 IVR
あふれ呼IVR売上最大30%UP

※あふれ呼をご利用いただくには、別途お客様にて、転送サービスなどの電話サービスにお申込みいただく必要がございます。詳しくは営業担当までご相談ください。

人員増強やシステム増強せずに
「電話がつながらない」
を無くします

売上最大30%UP!

主な特徴

あふれ呼IVR主な特徴

主な機能


あふれ呼IVR(放棄呼)

コールセンターであふれたお客様からの電話のコールバック予約を自動受付します。

自動受付IVR

IVRによる音声自動応答サービスで24時間自動応答が可能になります。今までオペレーターが対応していた業務をシステムが自動対応します。

SMS送信IVR

SMS送信を受付する自動音声応答サービスです。

オーダーメイドIVR

貴社要件にあわせてオーダーメイドで自動音声応答サービスを構築することが可能です。

ご利用のイメージ

 

従来のコールセンター

ご利用のイメージ
 

あふれ呼IVR導入後

ご利用のイメージ

ご利用までの流れ

ご利用までの流れ

※あふれ呼にてご利用の場合は、別途電話転送サービスにお客様にてお申し込みをいただく必要がございます。

I-bot導入事例

業種:電気トラブル工事業

導入前 24時間受電対応はしていたが、営業時間外はすべて社長の携帯へ転送をし、社長が夜中も全て電話対応をしていた。
導入のきっかけ 夜間対応が精神的、肉体的にも負担となっており、他の従業員へも対応させるか悩んでいたが、労基法の問題やコンプライアンス的な問題もありI-bot提案を受け「是非導入したい」となった。
導入後 平日昼間は今まで通り事務員が受電対応をし、営業時間外はI-botでの自動対応にシフト。結果、入電件数は変わらずテキスト化されたメールのみで内容が確認できるので、緊急性の高い案件であれば、社長が即折り返し対応を、 「明日以降希望」という案件は、翌日の折り返し対応に変更。時間外対応40%ほどが翌日対応OKとなったので、劇的に業務改善ができた。社長から「もっと早く導入したかった」とのお声をいただけた。

業種:飲食店

導入前 営業時間の17:00-23:00のみ受電対応していた。
導入のきっかけ 営業開始前の15:30頃から予約希望の入電はあったが、準備中の現場スタッフが受電対応している余裕はなく、「営業前なんだから電話でなくていいよ」という対応が横行していた。しかし、経営者としては「1人でも多くのお客様にご来店いただきたい」という想いのもと、指導はしていたが実際はうまく稼働できずピークタイムの際も受電対応は50%程度しかできていなかったところへI-botの提案があり、「半年だけお試しで導入してみよう」となった。
導入後 会計時に渡すクーポンや、サイト、街頭配布のフライヤーまで全ての広告物の電話番号横に「24時間いつでもご予約承っております」と記載したところ、今まで見えていなかった朝の通勤時間帯やランチタイム(店舗はランチ営業なし)も入電が多くなり、ご予約件数が格段と上がった。当然ながら夕方以降、ピークタイムの取りこぼしも100%補えるようになった為、導入後の予約件数は3ヶ月程度で130%アップとなり、「今後も24時間予約受付を浸透させ、多くのお客様にご来店いただける態勢を確立していきたい」と代表者様より前向きなお声をいただけた。

業種:社会保険労務士事務所

導入前 メール70%、入電30%ただし入電は夕方以降が多く、対応のため従業員へ残業をさせていた。
導入のきっかけ 新規顧客獲得のため、リスティング広告を毎月出稿しており、そこからのフォーム問い合わせが殆どではあったが入電も多く、就業時間間際の18時ごろに集中していた。「CPAを下げるため、必ず全件対応しよう」という意識のもと、従業員が全件受電対応していたが、そのせいで残業がかさみ「社労士事務所として、どうすべきか」と悩んでいたところにI-botのご紹介を受け、即導入を決めた。
導入後 平日の営業時間中は従業員が全て受電対応し、18:00-9:00までの15時間+休日は全てI-bot対応にシフト。結果、通常業務を終えてからの問い合わせ(顧客様側)が予想以上に多く、翌日の対応で全てをカバー、結果「CVも上がりCPAも低下費用対効果が非常に良くなった。またそれに付随する残業代や従業員への負担も軽減できたため、今後も継続していきたい」と代表から喜びのお声をいただけた※②企業同様LPに「24時間電話受付中」と記載している。